メールでのお問い合わせ

こどもサークル

こどもサークルの特徴

お子様の「できた!」を増やします

icon運営方針

運営方針1

子どもの可能性を
信じています

image

子どもは必ず成長します。
私たちはいつでも可能性を信じて支援していきます。
出来ることを一つひとつ増やしていくお手伝いを通して、自立した生活が出来るように手を差し伸べます。

運営方針2

自信を持たせ
成長を促します

image

「できること」が増えるたびに自信が持てるようになります。
自信がつくと積極的なコミュニケーションがとれ、他者との関係もスムーズなものになり、生活に広がりができます。

運営方針3

長所に目を向けます

image

完璧な人間なんていません。子供の行動の裏には声にならないメッセージがあります。
私たちはこれらを否定せず受け止め、常に前向きに発想し行動できるよう支援します。

児童発達支援・放課後等デイサービス「こどもサークル」は、
子どもたちが持つ可能性に着目し、本来の力を発揮して成長できるように、
楽しい環境づくりに努め、将来を見据えた支援を行います。

icon4つの療育の柱

運動プログラム

遊びや目的から
体の動かし方を学ぼう!

対象となる児童に合わせた運動メニューを遊びの中で行ったり、目的とする動作を習得するために必要な体の動かし方等を、支援していきます。

学習プログラム

就学前の学習の準備や
学校でだされる宿題等の支援

就学前の学習の準備や学校でだされる宿題等の支援を行っていきます。
何が課題となり、解決のために何が必要かを一人ひとりと向き合いアドバイスをさせていただきます。

ソーシャルスキルプログラム

社会のルールやマナーを身につけよう!

集団で成り立つ社会の中では、個性の大切さと同時に、生活していくうえでのルールやマナーを身につけることも必要です。
季節ごとのイベントも参加するだけではなく、企画から手伝うことでお子様の主体性を育てます。

コミュニケーションプログラム

人と関わり、
考えを伝える能力を磨こう!

あらゆる環境でコミュニケーション力が求められる現在、どのように人と関わり、正確に考えを伝えるかという能力を磨くことによって、社会の一員として心豊かな人間性の向上に努めます。

icon保護者さまの声

image

恥ずかしがり屋でなかなか挨拶が出てこない子でしたが、サークルに通うようになり先生やお友達とのふれあいの中でたくさんのことを習得しています。
朝、帰りの挨拶、お礼や謝罪の挨拶などができるようになると本人にも自信がつき、発言や行動への積極性が出てきました。教室での活動を通して、本人はもちろん保護者の私たちも生活の範囲、可能性が広がったように感じています。

E.Y様